ホーム > 活動報告 > 浜松ICTシンポジウム実行委員会

浜松ICTシンポジウム実行委員会

当委員会の主な活動

浜松ソフト産業協会が主催する「先進ICT技術」に関するシンポジウムの企画・運営を行っています。この「浜松ICTシンポジウム」を通して、情報通信産業関係者に限らず、幅広い産業分野の方々や市民に、気づきや学びの機会をご提供しています。また同時に、ソフ協の会員企業が長期的展望に立って業界の先端動向を把握し、社会的責任と将来に関するビジョンの形成を果たせるよう、企画し、運営しています。

第4回 浜松ICTシンポジウム:平成30年2月2日(金)[終了]

第4回を迎えた浜松ICTシンポジウムは、浜松地域における「未来価値の創成」にスポットをあてました。
第1部では、光・電子技術の活用で産業振興を推進する「フォトンバレープロジェクト」構想と、光技術における「微弱光イメージング」の最先端に迫りました。
第2部では、実例を挙げながらセンシング技術とアルゴリズムの潮流を垣間見るとともに、自動運転の実用化への可能性について事例を交えて考察しました。
本シンポジウムを通して皆様と知の絆が生まれたのではないかと思います。

第4回浜松ICTシンポジウム開催報告を見る*期間限定(複製・二次利用厳禁)

詳細はこちら

第3回 浜松ICTシンポジウム:平成29年2月3日(金)[終了]

2017年2月3日、浜松ソフト産業協会主催「第3回 浜松ICTシンポジウム」を開催し、2つの革新的なテーマに光をあてました。
1部は、量子コンピューティングとは何か、成熟した現代技術の弱点を量子技術がどう解決していくのか、さらに、そこから生み出される量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現に迫りました。
2部は、製造システムの先進事情に精通したインダストリー4.0水先案内人の見識から製造業におけるIoT戦略と最新動向について講演いただきました。
本シンポジウムを通して産・学・官・民・多くの皆様と革新に向けた気づきを共有し、知の絆が生まれたのではないかと思います。

第3回浜松ICTシンポジウム開催報告を見る*期間限定(複製・二次利用厳禁)

詳細はこちら

第2回 浜松ICTシンポジウム:平成28年2月10日(水)[終了]

当協会では、平成28年2月10日(水)に「第2回 浜松ICTシンポジウム」を開催いたしました。今回は「未来価値の創成2」と題し、「コンピュータの高速化、大容量化の可能性」に迫るとともに、「ヒューマノイド」、「深層学習の最新動向と産業界へのインパクト」といった世界的に注目される最新技術に光を当て、ビッグデータの分析・学習・活用による社会・産業システムの変革をクローズアップし、ICTの深化・進展を考察いただけたのではないかと思います。
毎年1回開催の本シンポジウムを通して、情報通信産業分野の皆様をはじめ、さまざまな産業・学究分野で活躍の皆様と、気づきや学びの機会を共有いただけましたら幸いです。
また、同時に、当協会員が長期的展望に立って業界の先端動向を把握することで、この遠州地域を拠点に、グローバルな視野を持って社会的責任と将来ビジョン形成を果たせるよう支援してまいる所存です。
本活動の趣旨をご理解いただき、本会にご協力、ご参加を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

第2回浜松ICTシンポジウム開催報告を見る*期間限定(複製・二次利用厳禁)

詳細はこちら

第1回 浜松ICTシンポジウム:平成27年2月10日(火)[終了]

浜松市の情報サービス関連企業で構成されるNPO法人浜松ソフト産業協会は2015年2月10日に、学際的で興味深いシンポジウムを開催し、大盛況のうちに閉幕いたしました。
ビジネスパーソンのみならず、市民、学生の皆さまにも広く学びの機会を提供し難解なこともわかりやすく、興味深く、最先端の知恵・知識や、近未来の社会を変える新しい価値に触れられる貴重な機会となりました。
このシンポジウムを通し、多くの方々が「未来をもっと身近に、価値あるものに」感じていただけるきっかけとなれば幸いです。

第1回 浜松ICTシンポジウム開催報告*期間限定(複製・二次利用厳禁)

詳細はこちら

PAGE TOP